LEC inc, PRODUCT CATALOG
32/204

LJ6J00ceramica Genere-WHセラミカ ジェネーレceramica Genere-PKセラミカ ジェネーレ ピンクLJ6J01ホワイトタイルは主に大型商業施設に使われることが多いのです。ショッピングモールなどの大空間を、白いタイルに反射した明るい光がたっぷりと満たしてくれます。なかなか、難しいカラーだと思われるかもしれませんが、例えばこんな所で使っていただいています。ドラッグストアさんやクリニックさん。ほんのり温かな桃色の光が女性や赤ちゃんに優しいからなんです。環境問題が世界的に取りざたされている昨今、照明を蛍光灯・白熱電球からLEDライトへ、床材をPタイルからセラミックタイルへ変更する小売店様が増えています。電球を変えることで直接的に電力使用量を抑えられるのは当たり前ですが、Pタイルをセラミックタイルに変更するとどのような利点があるのでしょうか。それはセラミックタイル(磨き仕上げ)は反射率がとっても高いですから、天井に取り付けられた蛍光灯の光をたっぷりと室内に反射させてくれるということなんです。[ECO×SHOP]チェーン店で使用されているセラミックタイルは似たような色・柄が多いのですが、それは何故だと思いますか。理由はいろいろあると思いますが、ご相談いただく中で特に多いのが、汚れや傷が目立たない意匠であるかということです。チェーン店などの店舗においてセラミックタイルは商品をよりよく見せるための名脇役でありながら、店舗空間においては主役といってもいいほど、お店の印象を決定づける大きな役割を担っています。一方で什器の色や質感、照明の色や配置などによって面上の表情が変わるのも魅力の一つなのです。また、多くのお客様が出入りするチェーン店では、清掃のしやすさも重要視されており、適材適所によって様々なタイルが使い分けられています。例えばスーパーなどはメインフロアには明るいタイルを使用して、精肉・鮮魚コーナーの什器の付近では厨房からの出入りが多く油汚れを店内に持ち込んでしまうために汚れが目立ちにくい濃い色のタイルを使用することが多いのです。また、タイルだけではなく目地にも注意が必要です。目地はセメントで作られる為に、タイル以上に汚れが付着・浸食しやすいのです。タイルの美観を長期間維持させる為に、目地色、目地幅も考えて設計されることをお勧めいたします。白[ ][ ]桃032 LEC CATAROG

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です